チケットは高価でも高倍率夢の観光列車

宿泊機能のある列車と聞いて、二段ベッドの並んだ寝台車を連想する人も少なくないと思います。しかし、最近では走るホテルと言われるような豪華列車が登場し人気を集めています。電車に乗るのは移動のためというよりも、その電車に乗ること自体が目的となるような、上質で個性的かつ魅力的な列車がラインナップし、なかなかチケットがとれない状態です。

 

一度は乗ってみたい三大クルーズトレイン

クルーズトレインとも言われる豪華列車で、「三大」と称されるでいるのが、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」「TRAIN SUIT 四季島」「ななつ星 in 九州」です。どの列車も、とても車内とは思えないおしゃれで優雅な内装の客室と、見晴らしのいい展望車やラウンジ、最高の素材を使って一流の料理人が腕を振う料理が至高の時間を演出してくれます。 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」は深い緑色の落ち着いた車体で、アールデコ調のベースとしたインテリアが特徴です。外に出られる展望デッキがあり、爽やかな風を感じることができです。また、最高級客室は一車両をまるまる一室に使った「ザ・スイート」で、寝室とリビングが別の部屋になっています。「TRAIN SUIT 四季島」は現代アート風の作りで、外観は特別に調合された四季島ゴールドを基調にデザインされ、客室は和モダンの雰囲気です。「四季島スイート」はメゾネットタイプで、2階部分には畳が敷かれ、浴室には檜風呂が備えられています。「ななつ星 in 九州」は品格のあるワインレッドで、内装には木が多く使われ重厚な雰囲気です。ラウンジカーは夜にはバーにもなり、ピアノの生演奏がおこなわれます。最後尾の「DXスイート」は一面が大きな窓になっていて最高の見晴らしです。